便秘に伴う症状

便秘体質改善法!自分でできる1日5分の整体法

   直接的な整体の方法で、根本からベンピを解消!

   腸がグングン活性化します☆

便秘から引き起こされる身体の不調

便秘によるさまざまな症状としては、
ベンピに伴って、おなか張り、不眠症、イライラや肌荒れ、
肩こり、腰痛、頭痛、食欲不振などが起こる場合があります。

 

これらの症状は 便秘解消とともによくなるケースも多いようです。

おなか張り

便秘でおなかが張ったり、何となくお腹が重かったり、
内側から張ってくるような感じは、苦しい症状ですね。

 

ベンピによって自律神経が失調し、血行が悪くなって
症状が出たり、便秘により栄養の吸収に障害が生じる
ために起こるケースが考えられます。

 

このような場合は、食生活中心に便秘を解消します。

腰痛・肩こり・頭痛

便秘による腰痛、肩こり、頭痛は、腸の中にガスがたまること
によって、背中や腰を圧迫するために痛みが起こるようです。 

 

肩こりや頭痛などの身体の不調は、べんぴによって自律神経
のバランスをくずすことが原因と考えられています。

肌トラブル

便秘に悩んでいる人の多くが肌のトラブルも持っています。
べんぴによって、からだの新陳代謝が悪くなりホルモンの代謝が
落ちたり、自律神経の働きが低下して、皮膚の血行が悪くなるなど
の影響がお肌の状態を悪くするようです。

 

最近肌が荒れているな、と感じていたら、それは便秘が原因かも
しれません。 便秘解消とともに肌のトラブルもよくなるケースも
多いようです。 肌荒れ解消には、便秘解消も必要なのですね。

3日から7日の便秘

3日から7日ぐらい出ない便秘は、女性ではわりと多いのではないでしょうか。
毎日でなくても気持ちよく出れば、便秘ではないとは言われていますが、
このペースの場合、慢性的な常習性便秘と考えられます。食物繊維善玉菌
を意識的にとってみましょう。

 

1週間以上の便秘

1週間以上の便秘になると、おなかのハリなども増して、違和感も強くなり
ます。食事の内容をチェックして、便秘にいい食べ物を積極的にとりましょう。
体操マッサージなども日ごろの習慣に組み込んで、もう少しペースアップ
できるようにしていきたいところです。

 

自分にあった漢方薬などを試してみる段階にきています。漢方薬も副作用が
強いこともありますので、量や回数などを調整しながらようすを見ていきましょう。

2週間以上の便秘

下剤や座薬、浣腸も考える段階ですが、常用しないようにしたいものです。
食事や運動、マッサージ、ツボ刺激など、いろいろやっても改善が見られ
ない場合は、専門家に受診するということも考えたいですね。

 

鍼治療などで、かたまったからだの緊張をほぐし、血行を改善してもらうと、
治りやすいかもしれません。

コスモス 便秘解消☆
     苦しい便秘はもうおしまい!スッキリ解消のチェックポイントは?