便秘の原因 の多くは、生活習慣のみだれ

便秘体質改善法!自分でできる1日5分の整体法

   直接的な整体の方法で、根本からベンピを解消!

   腸がグングン活性化します☆

便秘の原因 の多くは、生活習慣のみだれ

便秘原因の多くは、生活習慣のみだれにあります。

 

◇ 偏った食習慣、無理なダイエット
◇ 夜ふかしの多い不規則な生活、運動不足
◇ 職場や家庭でのストレス
◇ あわただしい朝に、ゆっくりしたトイレタイムがとれない
◇ 仕事や人目を気にして、トイレに行くのをガマンしてしまう

 

など、いくつかの要因がからみあってベンピになっていることも
多いですね。べんぴに悩んでいる人は、一度、毎日の生活を
見つめなおすことでその原因を知り、それらの原因をなるべく
なくすようにしながら、便秘解消していきましょう。

 

よくあるのは、一過性の便秘で、旅行中や生活環境が変わった
ときなどに起こります。ふつうの生活に戻れば、治ることが多い
ですね。コーヒーや紅茶などのとりすぎで、一時的に便秘する
こともあるようです。

 

慢性的な便秘は、原因によって弛緩性、直腸性、けいれん性
の3つのパターンに分けられます。

 

◇ 弛緩性

 

便秘の人の3分の2が該当します。結腸の蠕動(ぜんどう)運動
や緊張が低下して通過時間が長引くために、便に含まれる水分
が吸収されすぎてしまい、硬い便になることが原因で便秘になる
ケースです。便意があるのにトイレを我慢することがたび重なると、
次第に便意を感じる能力が鈍くなってしまうんですね。内臓下垂
やアトニー、運動不足も原因になります。老人に多いのもこのよう
な便秘です。生活習慣の見直しで、大幅に改善が期待できます。

 

このタイプの解消ポイントは、起きぬけに水をのんで刺激を与える、
食物繊維で便の量を増やす、規則正しい食事でリズムをとり戻すこと。

 

◇ 直腸性

 

不規則な食事や偏食、運動不足などが原因の便秘症の人が
下剤や浣腸を乱用していると、骨盤の筋肉が弛緩し、直腸の
神経反射が鈍くなっておこります。直腸に便がたまっていても
便意そのものが感じられなくなって、出にくくなっています。

 

このタイプの解消ポイントは、食物繊維をとって便の量を増やすこと。

 

◇ けいれん性

 

自律神経のみだれのために、S状結腸がけいれんを起こして、
便がスムーズに通過できずに起こる便秘。ウサギの糞のように
コロコロしたかたい便になります。左わき腹などに、かなり強い
腹痛を伴うことが多いようです。残便感も強く、たびたびトイレに
いきたくなるわりに1回に出る量が少ないのも特徴です。
このタイプでは、ストレスが関与している場合が多く、けいれん性
便秘を予防する第一歩は、ストレスを上手に解消することでしょう。 

 

けいれん性便秘の場合、腸への刺激が少ない水溶性の食物
繊維がおすすめです。水溶性の食物繊維を多く含む食べ物に
は、コンニャクや寒天、りんご、わかめなどの海藻類があります。

 

また、香辛料やアルコール、カフェインを含む飲み物、炭酸飲料
など、腸に刺激を与えやすいものは、なるべく避けましょう。

症候性便秘

急性便秘でも慢性便秘でも、注意が必要なのは、症候性便秘です。
症候性便秘は、他の病気が原因になっている便秘ですね。
おなかが激しく痛むとか、発熱、吐き気、色に異常があるときは、
病院で検査してもらいましょう。

 

◇急性便秘  腸ねん転、腸閉塞など
◇慢性便秘  大腸がん、大腸ポリープなど

コスモス 便秘解消☆
     苦しい便秘はもうおしまい!スッキリ解消のチェックポイントは?